短期間の使いすぎに注意!格安SIMの3日間の速度制限とは

短期間の使いすぎに注意!格安SIMの3日間の速度制限とは

格安SIMにおけるもう一つの速度制

c936bd819d22920deef4838719c5f251_s

MVNOが提供しているモバイル端末向けの通信サービスである格安SIMは、スマホを安く利用できる手段として特にライトユーザーにおすすめできるプランとなっています。毎月の基本使用料金は、データ通信専用SIMの場合でも音声通話対応SIMの場合でも毎月利用できる高速データ通信量がベースとなっています。

利用できる高速データ通信量が決まっているプランの場合、決められたデータ通信量に到達するまでは高速データ通信ができますが、データ通信量を超過した場合には速度が低速に制限されることになります。

そのため格安スマホを快適に利用するためには、自分がどのくらいのデータ通信を行っているのかをしっかり把握することが大切になります。しかしMVNOや契約プランによっては、決められたデータ通信量に到達しなくても速度が低速に制限されてしまうことがあります。

多くのMVNOやプランでは直近3日間のデータ通信量が一定量を超えた場合には、一定期間速度制限がかかってしまうのです。速度制限がかかる通信量はMVNOやプランによってまちまちですが、3日間で360MBの通信量を超えると翌日の速度が200kbpsに制限されてしまうケースが多くなっています。

この3日間の速度制限は、データ通信し放題プランなどにも適用されているケースがあるので、定額料金で高速データ通信がし放題になっているプランの契約しようとしている人は注意が必要となります。

データ通信し放題がし放題だからといって数日間で大量のデータ通信をしていると、この速度制限にひっかかってしまい、速度が低下してしまうことがあり得るのです。

もちろん、データ通信し放題プラン以外のデータ容量が決められているプランの場合には二種類の速度制限に気をつけながら格安スマホを使わなければならないので、非常に使いにくいと言わざるをえないのです。

3日間の速度制限がないMVNOやプランとは

66ed97ef5e89ef9ef6bceaafe29e4026_s

全てのMVNOやプランに対して3日間の速度制限が設定されているわけではないので、毎日の通信量に気を使わずに格安スマホを利用したいという人は3日間の速度制限がないMVNOやプランを選ぶことをおすすめします。具体的なMVNOを挙げますと、OCNモバイルONEやBIGLOBE SIM(ライトSプランと12ギガプラン)、mineo、ぷららモバイルLTEなどが挙げられます。

これらのMVNOやプランを選ぶことで3日間の速度制限を気にすることなく格安スマホが使えるので、相当使い勝手が良くなることでしょう。

またOCNモバイルONEやBIGLOBE SIM(ライトSプランと12ギガプラン)は追加料金不要で公衆無線LANサービスが使える特典が付帯していますし、ぷららモバイルLTEにはデータ通信が使いたい放題のプランがあるので、これらのサービスを上手に活用できれば一層格安スマホの使い勝手が良くなることでしょう。

最近登録された新着の格安SIMコラム

すべてのコラムを見る