複数の端末で使える!3枚以上のSIMが利用できるMVNO

複数の端末で使える!3枚以上のSIMが利用できるMVNO

複数のSIMが使えるMVNO

single18-1

格安SIMが広く一般に普及するようになり、一人で使う場合でもスマホやタブレットなど複数の端末で格安SIMを使う人も増えてきましたし、家族で格安SIMを利用することによって通信費用を大きく節約しようと考える人も多くなりました。

現在の格安SIMのデータ通信容量や基本使用料の相場を紹介しますと、多くのMVNOで月次の高速データ通信量が3GBとなっています。

データSIMの場合には3GBの通信量を月額税抜き900円から、音声通話SIMの場合は月額税抜き1600円から利用可能というプランがベーシックになっています。

格安SIMを利用してスマホを運用する場合、1つの端末で利用する場合には月額料金は格安ですが、複数の回線で利用するとなると、料金が2倍、3倍となってしまうので家計にとって大きな負担となってしまうでしょう。

大手携帯電話会社のプランでは大容量のデータ通信量を家族でシェアできるプランがありますが、格安SIMの場合にも複数枚のSIMを契約して、データ容量をシェアできるプランが用意されています。

家族で使う場合や複数の端末で使うという場合には、複数の回線を契約するよりも1度の契約で複数枚のSIMの発行をしてもらえるプランを契約することで、より合理的な利用が可能となるので、そのようなプランを契約することをおすすめします。

3枚以上のSIMの発行が可能なMVNOについて

single18-2

現在では3枚以上のSIMの発行をしてもらえるMVNOやプランが増えてきています。3枚以上のSIMが利用できる代表的なMVNOを紹介しますと、BB.exciteモバイルLTEやIIJmio、DMM mobile等が挙げられます。

BB.exciteモバイルLTEは3枚以上のSIMの発行に対応しているMVNOの中では最も安い料金プランの取扱いをしていて、最も安いプランであれば月額税抜き1100円で3枚のSIMの利用ができます。

BB.exciteモバイルLTEのプランは4段階に分かれているので、自分のニーズにあったプランを選びやすいという特徴ともあります。

なおSIMの種類にですが、音声通話SIMの取扱いはしていないので注意が必要です。IIJmioは最大で10枚までSIMカードの追加できる点に大きな特徴があります。

また同一回線同士の音声通話料金が割引になるファミリー通話割引というサービスもあるので、家族で利用しようと考えている人に特におすすめができます。

DMM mobileの特徴は利用できるプランの種類が豊富なことと、データSIMと通話SIMを好きに組み合わせて発行してもらえる点に特徴があります。

3枚のSIMカードを全て通話SIMにしてもらうこともできますし、通話SIM1枚にデータSIM2枚という組み合わせの発行にも対応しています。

契約の自由度が高いので家族での利用や1人で複数枚の端末の利用をする場合など、あらゆる使い方に対応できるでしょう。複数の端末で使用する場合にはこれらの格安SIMを上手に活用したいですね。

最近登録された新着の格安SIMコラム

すべてのコラムを見る