格安スマホは値段だけじゃない!見落としがちな3つポイント

格安スマホは値段だけじゃない!見落としがちな3つポイント

格安スマホの知っておきたいこと

single20-1

日本の大手3大キャリアである「NTTドコモ」「au」「ソフトバンク」によってほぼ独占的な業界となってい携帯通信業界。消費者はこの3社のいずれかのうちで契約をして携帯電話を利用するしかなかったのだが近年では格安の月額料金でスマホを使用できるプランが登場してきました。

確かにスマホ代金がこの3社で契約をすると月額5000円から7000円ほど必要となりました。格安スマホの中では月額料金が980円から3000円ほどまでと約半額近くまで料金を抑えることができるというから需要が高まっています。

しかし、安いのにも理由があることを消費者は把握した上で契約をしなければいけません。意外と見落としがちなスマホの実態を格安スマホのプラン内容も含めてご紹介をしていきます。

1つ目の格安スマホの知っておきたいことは、通話プランです。スマホを使用しているとついつい気にするのは料金と通信量です。毎月発生する料金ですので気にするのは当然ですが、同じくらい大事なのが契約プラン。

実は格安スマホの中には通話プランを入れるかどうかで約900円から2000円ほど料金がプラスされる仕組みとなっているのが主流です。

格安スマホを選ぶユーザーの中の多くは、アプリから電話をかけるという人が増えていることから通話料を別で設定しているところも多いのです。電話も相当かけることが予想されるユーザーは見落とさないように注意しましょう。

2つ目は、SIMカードとデータ移行です。格安スマホの中にはSIMフリーと呼ばれるSIMカードを抜き差しすることができ、1台のスマホで複数のSIMで利用することができるものがあります。

1人で2台持ちや3台もちするユーザーにとってはSIMフリーのスマホを選ぶことの方がメリットが大きい場合もあります。

また、SIMカードにもともと通信データ容量が決まっているものも最近では発売されています。いわゆるSIMカードのみの購入です。

プリペードシ気になっているものもあり、1枚5GBで販売しておりデータ容量を使用すれば破棄することができるというメリットがあります。

今までなら3大キャリアで2年契約が必要でしたが、MVNOのおかげで1週間だけスマホを利用したい例えば海外居住者の一時帰国ではとても需要が高い使い方となります。短期間で契約を全うしたい人にはうってつけのプランとも言えるでしょう。

最後は、スマホのスペックです。格安スマホの本体は実はCPUなどスペックが低く設定している分価格が抑えられるということがあります。

スペックが低くなるとスマホの通信速度が遅く利用者にとってはイライラとする、重たいなどの症状を体験することになります。スペックは非常に重要なファクターと言えます。

スマホの新時代

single20-2

MVNOの登場により、格安スマホを提供する各通信各社はさまざまな武器を持って競合他社との価格競争を行えるようになりました。

まだまだこれからの宣伝次第で伸びしろが十分に期待出来る分野です。利用者も前述した3つのポイントを最低限抑えることで契約した後のトラブルを回避することにもつながります。

値段だけに飛びつくのではなく、安いのにはそれなりの理由があると理解した上で、ご契約をすることをお勧めします。

最近登録された新着の格安SIMコラム

すべてのコラムを見る