通信無制限プランのあるSIMはココ

通信無制限プランのあるSIMはココ

格安SIMのデータ通信量の相場について

single01-1

スマホやタブレット、モバイルルーター等を安く利用できる手段として近年高い注目を集めてい格安SIMですが、各MVNOが取扱いをしている格安SIMプランの内容を見てみると、ライトユーザーに向けた内容が充実していていて、あまりスマホを使わない人向けのサービスであると捉えることができます。

実際のところ、大手携帯電話会社のプランのスタンダードが1ヶ月あたり5GBや7GBの高速通信ができるようになっているのに対して、格安SIMのプランのスタンダードは1ヶ月あたりの高速通信量が3GBとされているからです。

また3GBよりも少ない2GBや1GB、500MBと高速通信量となっているプランも少なくありませんでし、月額基本料が格安の代わりに高速通信量が全く無いというプランさえもあるほどなのです。

なお、高速データ通信が全く無いプランの場合は通話機能付きのSIMでも1000円台前半からの利用が可能となっています。

このことからMVNOが取り扱う格安SIMはライトユーザーにはピッタリのサービスだといえますが、たくさんの高速データ通信を行なうヘビーユーザーに向いているサービスなのかどうかということがイマイチ分かりにくいと言えます。

ヘビーユーザーでも満足できるプランの取扱いはあるのでしょうか。幾つかのMVNOでは定額料金で高速データ通信がし放題というプランの取り扱いがあります。

このプランに申し込みをすれば1ヶ月間にどれだけの通信量を消費しても追加で高速データ通信量を購入しなくてもずっと高速データ通信ができるので、ヘビーユーザーでも満足してサービスの利用ができると考えられます。

無制限に高速データ通信ができるSIMについて

single01-2

現在定額料金で無制限に高速データ通信の利用ができるサービスの取扱をしている格安SIMの代表的なものは、UQモバイル・ぷららモバイルLTE・Uモバイル・bモバイルが挙げられます。

UQモバイルの無制限プランは月額1980円からで最大速度が500kbpsの通信がし放題という内容になっています。なお、3日間で3GBを超えるデータ通信を行った場合には一時的に速度制限がかけられることになるので、注意が必要です。

ぷららモバイルLTEの場合もUQモバイルのプラント似ていて、月額料金が2980円で最大速度が3Mbpsの通信がし放題になっています。ぷららモバイルLTEの場合は使いすぎてしまった場合でも速度制限がないので、安心して利用することができるでしょう。

Uモバイルのプランは月額2480円からで、最大速度が150Mbpsの高速データ通信がし放題になります。ただしこちらは3日間で2GBを超える通信を行った場合には一時的に速度制限がかかります。

bモバイルは月額1980円から利用ができる内容となっていますが、動画を視聴する場合には特別な速度制限がかかってしまい使いにくいという実際の利用者の声が多く見られます。

動画視聴が目的の場合には注意が必要と思われます。これらの格安SIMを上手に使うことで、ヘビーユーザーでも安心してMVNOのサービスが利用できることでしょう。

最近登録された新着の格安SIMコラム

すべてのコラムを見る