MVNOと大手キャリアとの違いとは!MVNOの利点等について

MVNOと大手キャリアとの違いとは!MVNOの利点等について

MVNOとは

e25f6ffd39815706fc13d6047b6158d6_s

MVNOは、自前で携帯端末向けの通信回線を持っていなく、大手キャリアから通信回線を借りることで回線を用意してサービスを提供している通信事業者のことを言います。

通信可能なエリアや通信の品質などについては、大手キャリアから回線を借りているということもあり、遜色がありません。それでいて通信を行うための施設や設備等の維持や拡大のための費用がかからないので、その分安い基本使用料で通信サービスが適用できているというわけなのです。

現在では大手インターネットプロバイダをはじめ、流通業者や小売業者など、様々な業者がMVNOとして格安SIMサービスの提供を行っています。回線の種類としてはドコモの通信回線を借りてサービスの提供を行っているMVNOとauの回線を借りてサービスの提供を行っているMVNOがありますが、殆どがドコモ系のMVNOとなっています。

MVNOとキャリアの違いについて

single14-2

MVNOの利点

MVNOの利点として真っ先に挙げられるのが、基本使用料の安さです。MVNOの格安SIMを利用して運用するスマホは格安スマホと呼ばれるほど基本使用料が安く、データ通信専用のプランであれば千円以下で、また音声通話プランでも二千円以下で利用できるのが業界のスタンダードとなっています。

加えて、格安SIMの場合は契約期間の縛りが無いことが殆どであり、より契約の自由度が高くなっています。大手キャリアのプランの場合、二年間という契約の縛りがあり、しかも契約は自動更新される仕組みとなっています。

契約更新月以外に解約をすると高額の違約金がかかってしまうため、一度契約してしまうとなかなか他社への乗り換えができなくなってしまうのです。

格安SIMの場合はデータ通信専用のプランの場合は条件などが一切ないことが多いですし、音声通話プランの場合でも一定の最低利用期間を経過すればいつでも違約金なしで解約ができることが多くなっているので、より自由度が高いといえるのです。

MVNOのマイナス点

キャリアと比べて、マイナス点として挙げられるのがサポート体制が整っていない点や端末購入サポートが整っていない点となります。MVNOは代理店や実店舗を展開していないケースが殆んどなので、困ったことが起きた場合に大手キャリアの用にショップに駆け込んで助けてもらうということがし難くなっているのです。

また格安SIMとセットで販売されているスマホ端末は、大手キャリアの用に、端末代金の一定額を補助してくれる制度が殆ど無いので、基本的には購入者自信が端末代金を全額自己負担する必要があるのです。

また格安SIMの場合は原則として基本使用料に無料通話分が含まれていませんし、キャリアメールの利用も不可となるので、大手キャリアのサービスに慣れ親しんでいる人が格安スマホへ乗り換えをした場合、最初のうちは度々戸惑ってしまうことが考えられるでしょう。

最近登録された新着の格安SIMコラム

すべてのコラムを見る