月額料金最安はこのMVNO!データ容量別料金比較

月額料金最安はこのMVNO!データ容量別料金比較

データ容量別に見る料金比較

single03-1

MVNOは現在200社以上になると言われています。その膨大な数からどこを選ぶか悩みますよね。決め手となる一つに料金も挙げられると思います。そこで容量別に最安のMVNOをまとめてみます。

ちなみに現在au回線を使ったMVNOはmineo、UQ、フィーモがありますが、mineoが最安です。

ではドコモ回線のMVNOの料金比較をしていきます。なお、データ専用SIMの値段で比較します。通話SIMになると以下の料金に700円プラスするところが殆どです。

まずは1GB。ほとんどネットをしない人はこのデータ量で良いと思います。1GBにおいてはDMM mobileとイオンモバイルが480円と最安となっております。

次に2GB。キャリアでも2GBで契約している方も多いのではないでしょうか。2GBでプランを提供しているMVNOは少ないのですが、ここでもDMM mobileが780円と最安になっています。

次に3GBです。通常スマホを使う分には充分なデータ量なので、MVNOを使っている方の多くはこのデータ量で契約しているはずです。このデータ量ではDTI SIMが840円と最安となっております。

他社も10円、20円程度しか変わりません。そして5GB。キャリアでこの容量で使っている方も多いと思います。1210円とDMM mobileが最安となっています。

そして7GB以上もDMM mobileとイオンモバイルが競り合っている状態です。この2社はプランの幅が広いので3GBじゃ足りなければ5GB、5GBじゃ足りなければ10GBなどプラン変更も出来るのでオススメです。

値段も大事だけど通信制限やキャンペーン、ポイントも注目

single03-2

値段の安さ、プランの幅の広さではDMM mobileとイオンモバイルに軍配が上がりましたが、他社も見逃せません。

半年無料キャンペーンや、スマホを契約と同人に購入するとキャッシュバック、その他色々各社お得なキャンペーンをやっているので、単純に月額料金だけで比較する以外にもそういった面にも注目して契約してください。

また、楽天モバイルだと楽天ポイント、DMM mobileだとDMMポイントなど、MVNO以外にも事業を展開している会社は自社のポイントに還元する会社が多いです。

楽天市場で良く買い物をするなら楽天モバイル、DMMでポイントを使う人ならDMM mobileなど、生活スタイルに合わせた契約もオススメです。更に、MVNOによっては通信制限があります。

例えばNifmoなら650MB/3日を使うと通信制限が掛かります。通常の利用をしていれば基本的には大丈夫ですが、動画を頻繁に見たり、配信サイトで配信をするなどデータをまとめて使うといった使い方をする人の場合は、値段の安さやその他特典やポイントを考えて契約する前に、一度MVNOのサイトなどで通信制限の有無を確かめておくことをオススメします。

最近登録された新着の格安SIMコラム

すべてのコラムを見る