意外と見落としがち!?格安SIMのSIMサイズについて

意外と見落としがち!?格安SIMのSIMサイズについて

◆SIMカードサイズに注意

176984175f4886390327b8b82cdad2ba_s

▲SIMカードにはサイズが存在する

格安SIMを契約する前に確認しておきたいのが、使用するスマホのSIMカードサイズです。

SIMカードには

・標準SIM

・microSIM

・nanoSIM

の三種類のサイズがあり、スマホによって選ぶべきサイズは異なります。よく考えず格安SIMを契約してしまうとサイズが合わないSIMカードが送られてきてしまう可能性がありますから、申し込み前に自分の機種にはどのサイズを選べばよいのかを確認しておきましょう。

▲マニュアルやメーカーサイトで確認可能

スマホのSIMカードサイズ本体のSIMカードスロットを見れば確認できます。機種変更はショップ任せでどこをチェックすればいいのかわからない、という場合は端末のマニュアルやメーカーサイトを見れば適合するSIMカードのサイズが記載されているのでそちらをチェックしてください。

SIMカードのサイズが小さいほど端末本体も小型化しやすいため、新しい端末ほどSIMカードサイズは小さくなる傾向があります。ただし、海外メーカー製のスマホの場合は最新機種でも標準SIMスロットが採用されていることもあるので必ず確認しておきましょう。

▲契約時の注意点

MVNOのSIMカードはデータプランや通話プランなど各種プラン対応のSIMカードが販売されていますが、それぞれ同じプランでサイズの異なるSIMカードが販売されています。

プラン選択のことばかり考えているとサイズを間違えやすいので、ネット通販でSIMカードを購入する際は説明をよく読み、プランとサイズの両方を確認するのを忘れないで下さい。

◆SIMカードサイズを間違えてしまったら

b2975c63ac901163ed4d1d6a0ff7926c_s

▲アダプタ仕様でサイズ変更も可能

大きいSIMカードを小さいサイズにするには物理的に切断するしかありませんが、SIMカードを傷つけるとMVNO業者が定める規約に抵触してしまう恐れがあルのでやめましょう。

小さいSIMカードに関してはアダプターを使用することで大きいサイズのSIMカードとして使用することが可能です。nanoSIMをmicroSIMや標準SIMのサイズにする、またはmicroSIMを標準SIMサイズに変更できるので、どうしてもSIMカードサイズがわからない場合は最も小さいnanoSIMを選択しておくとよいでしょう。

ただし、アダプターを装着したSIMカードをスロットに挿入すると金属端子が引っかかってしまいスマホを損傷する恐れがあります。アダプター使用による破損はメーカー保障の対象外なので、アダプターを使わないに越したことはありません。

▲交換すると手数料が発生することも

SIMカードのサイズの交換に関しては業者によって対応が異なります。手数料を支払うことでサイズ変更に応じてくれる業者もありますが、サイズ交換には対応せずいったんプランを解約してから改めて新しいプランを申し込みまないとサイズ交換できない業者もあります。

どのような対応がされるにせよ、SIMカードサイズ交換によって金銭的負担が発生することは避けられません。余計な出費を防ぐためにも、申し込み前にしっかりSIMカードサイズを確認しておきましょう。

最近登録された新着の格安SIMコラム

すべてのコラムを見る