格安SIMの種類の違い!データSIMと通話SIMはどう違う!

格安SIMの種類の違い!データSIMと通話SIMはどう違う!

データSIMとは

7e7c81257296366acea3614725e1959f_s

格安SIMサービスの中でも最も料金が安い種別のSIMがデータ通信専用のSIMとなります。データSIMとはその名の通り、データ通信のみに対応した種別のSIMカードであり、090や080の電話番号を利用した音声通話の発着信は不可となっています。

データSIMで音声通話を行いたいという場合には、無料通話アプリをインストールしたり、050からはじめる電話番号が付与されるIP電話アプリの利用登録をする必要があります。

またデータSIMにはSMS機能が利用できるものもあり、こちらはSMS対応データSIMと呼ばれています。SMS機能が付帯されることで、登録時にSMS認証が必要なアプリの利用も可能となりますし、アンテナピクトがきちんと表示されない問題の対処にも役立つので、スマホにデータSIMを使う場合には、SMS機能が付帯したデータSIMを利用するのがおすすめです。

なお殆どのMVNOではSMS機能はオプション扱いとなっており、月額およそ150円のオプション料金でデータSIMにSMS機能が付帯できるようになっています。UQモバイルやmineo(auプラン)などのデータSIMの場合にはSMS機能が標準付帯しているので、オプション料金を節約したいという人はこれらのMVNOを選ぶと良いでしょう。

SMSオプションがないデータ通信専用のSIMカードの場合はタブレットやモバイルWi-Fiルーターなどで利用するのがおすすめですし、SMSオプション付きのデータSIMはサブスマホで利用するのがおすすめです。

通話SIMとは

single10-1

通話SIMはデータSIMに090や080の電話番号が付帯した種別のSIMカードであり、この電話番号を利用して音声通話の発着信ができますし、SMS機能を使うこともできます。通常の音声通話機能が使えるので、メインのスマホに利用するのに適した種別の格安SIMと言えるでしょう。

通話SIMの場合、基本的にはMNP制度を利用しての乗り換えに対応しているので、大手キャリアから電話番号を変えずに格安SIMへ乗り換えることもできます。2台持ちなどをせず、メインのスマホを格安スマホに変える場合には通話SIMを選ぶことをおすすめします。

なお、殆どMVNOでは通話SIMのプランに無料通話分は含まれていません。通話料金は30秒につきおよそ20円の従量制料金となっているので、音声通話機能をよく使うという人の場合は注意が必要です。

楽天モバイルやFREETEL SIMなどのMVNOは、月額定額料金で1回あたりの通話時間が5分までの音声通話が追加料金無しで何度でもできるオプションの取扱いがあるので、音声通話をよく利用するという人の場合は、このような通話定額オプションがあるMVNOを選ぶと安心して音声通話ができます。

また多くのMVNOでは通話料金が通常の半額になるアプリや、格安で通話ができるIP電話アプリの配信をしているので、これらのアプリを上手に活用することで、無理なく通話料金の節約が可能となります。

最近登録された新着の格安SIMコラム

すべてのコラムを見る