店頭サポートがない?MVNOのデメリット一覧

店頭サポートがない?MVNOのデメリット一覧

MVNOにはデメリットが多い?

single02-1

MVNOの格安SIMは大変人気が出てきていますが、こういった格安SIMにはデメリットが多いことも理解しておかないといけません。

例えばMVNOのデメリットとして「店舗サービスが受けにくい」といったことがその一つでしょう。MVNOでは基本的に店舗サービスはありませんから、初期接続などを行ってもらうことも難しいのです。

もちろん、こういったデメリットはスマホに強い人であればそこまで気にならないでしょう。また、MVNOでもコールセンターでのカスタマーサービスは受けることができます。

実際、これで十分と言っても良いほどですから、店舗サービスが受けられないといったことはそこまで気にしなくても良いでしょう。他にもMVNOのデメリットとしてプランの問題があります。

例えばMVNOで通話定額制のサービスを提供しているところはほとんどなく、この点では大手キャリアに劣ってしまうことはいがめません。

また、MVNOは一般的に安いのですが、データ使用量が無制限の定額制のプランになると大手キャリアの方が総合的にお得に感じるといったことも多くなってきます。

MVNOにはこんなデメリットも

single02-2

MVNOは大手キャリアが提供している各種サービスも利用することができません。例えばキャリアメールがその代表でしょう。キャリアメールはサイトの会員登録などでも重宝することがありますが、このキャリアメールは基本的にMVNOでは使えません。

また、家族間での無料通話や同じキャリア同士で通話料が安くなるといったキャリアならではのサービスも受けられません。このようなことは通話を良くする人にとっては打撃でしょう。

また、MVNOは初めて使う人には敷居が高いことは押さえておきたいところでしょう。MVNOを最初に使う際にはMicroSIMなのかNanoSimなのかといった違いにも気をつけていかないといけません。

加えてスマホによってはMVNOの提供するSIMに対応していないこともあります。これは大きなデメリットの一つであり、「せっかくSIMをMVNOから購入したけれども、設定がわからなくて使わなかった」なんてことにもなりかねません。

MVNOは基本的にクレジットカードで支払わないといけないといったこともポイントです。口座引き落としができるMVNOもありますが、一部でしかありません。

そのため、クレジットカードが作れない学生などにとってはMVNOは使いづらいと感じることもあるでしょう。このようにMVNOは意外とデメリットが多いですが、とはいえ「格安でデータ通信できる」「気軽に購入できる」といったようなメリットも、当然忘れてはいけません。

重要なのはMVNOの持つメリット・デメリットをしっかりと意識して使っていくことでしょう。MVNOは便利に使えば節約などにも役立ってきますから、賢く使っていくと良いでしょう。

最近登録された新着の格安SIMコラム

すべてのコラムを見る