ここに注意!格安SIMの契約前に知っておくべき2つのポイント

ここに注意!格安SIMの契約前に知っておくべき2つのポイント

格安SIMが利用できる端末を用意しよう

single12-2

格安SIM用端末の準備

格安SIMを利用するためには端末を用意しなくてはいけません。端末を用意する方法はいくつかありますが、端末によっては特定のMVNO業者しか使えないということもあるので注意が必要です。

現在の端末を引き続き利用する

現在キャリアと契約している端末を所有している場合、その端末を引き続き使用することが可能です。ただし、MVNOは各キャリアの電波を借りて運営しているため、そのまま使用するためには現在使用中のキャリアと同じ電波を使用しているMVNO業者しか選択肢がありません。

MVNO業者の多くはdocomoの電波を利用しているためdocomoユーザーであれば比較的簡単ですが、auやソフトバンクのキャリアスマホをそのまま利用したいのであればau回線やソフトバンク回線の格安SIMを契約しなくてはいけません。

キャリア端末をSIMフリー化する

キャリアの販売するスマートフォンはシムロック制限がかけられていますが、所定の手続きを行うことでどの会社のSIMでも利用できるSIMフリー化することができます。

キャリアによってSIMフリー化の対応は異なり、端末の販売時期やモデルによってはSIMフリー化できないこともあります。SIMフリー化するにも手数料が必要なので、詳しいことはキャリアショップに相談してみてください。

キャリア端末を中古で購入する

手元にスマートフォン端末がない場合は、キャリア端末を中古で買う方法もあります。中古で購入したスマホでも回線さえ合えば格安SIMは利用可能ですし、キャリアショップでSIMフリー化することも出来ます。うまく探せば格安で端末を購入できる可能性もあるので、中古ショップやネットオークションをチェックしてみましょう。

SIMフリー端末を購入する

最近は契約する回線を問わないSIMフリー端末の機種も増えてきています。SIMフリー端末のメリットは新品のスマートフォンをお手頃な価格で購入できる点にあります。最初からSIMフリーなので手続きを行う必要もなく、格安SIMを契約すればすぐに利用可能になるのも大きなメリットです。

性能によって価格に大きな幅があるので予算が少ないなら手頃な価格の端末を、ハイスペック端末がほしいならハイエンドモデルを選択できる自由さも魅力です。

格安SIMの通信品質に注意

single13-1

格安SIMは通信速度が落ちてしまうこともある

格安SIMを利用するにあたって注意しておかなければいけないのが通信品質です。かくMVNO業者はデータ通信速度を公表していますがそこで掲げられている数値はベストエフォート、つまり最適の条件が整った場合の数値です。

利用者が多く混雑する時間帯は公表値よりも遅くなるため、いざ通信しようと思ったら速度が遅くてつながらないという可能性もあります。公表値だけでなく実際に利用したユーザーの声やテスト結果などを参考にして契約する業者やプランを選ぶとよいでしょう。

音声通話への影響は少ない

データ通信は速度低下が起こりやすくなるものの、音声通話への影響はほぼありません。通話メインでデータ通信をほとんど利用しないのであれば格安SIMのデメリットをほとんど感じることなく快適に利用できます。

最近登録された新着の格安SIMコラム

すべてのコラムを見る