格安SIMで通話もデータ通信もお得に使う方法と裏技

格安SIMで通話もデータ通信もお得に使う方法と裏技

通話料が安くなる事が多い

single13-1

大手携帯電話メーカーのほとんどが通話定額のサービスを打ち出しています。格安SIMを使うと通話料がかえって高くなるのではと思う人もいますが、実際にはオプションでお得な通話サービスを使えるなど各社工夫を行っています。

格安SIMの大半が、通話機能をつけても月額千円台の基本料金を打ち出しており、スマホ本体をセットにしても2千円程度で収まる場合が大半です。

もちろん、データ通信でより大きな容量を目指せばさらに月額利用料は増えますが、それでも大手携帯会社よりは圧倒的に安くなります。

浮いたお金を通話時間にあてて、使わない時があればそれだけ料金が浮くと考える方法もあり、料金節約にもつながりやすいのです。

また、電話かける相手が決まっていて、相手が通話し放題のプランであれば、電話したいときは相手からかけて貰うか、かけなおしてもらう方法もあります。

スマホであれば無料の通話アプリを使うこともできるため、使い方を工夫することで通話料も一気に下げられる可能性があるのです。これだけ料金を下げられるのは、自社で設備を持たないMVNOならではなのです。

自社で設備を持たないと言っても、MVNOは大手通信会社から回線をレンタルする形で使用しているため、通信品質も高いのがメリットなのです。

データをたくさん使いたいときの工夫は

single13-2

格安SIMにはデータ通信専用のプランがあり、2台目のスマホや、タブレット用に購入する人もいます。

データ通信を頻繁に使う人が特に気になるのが容量制限で、外出先でゲームや動画、音楽のダウンロードをしているとあっという間に容量がいっぱいになってしまう場合もあります。

回線速度が遅い代わりに上限容量を引き上げているプランを用意している会社もありますが、回線の遅い早いは死活問題になる場合もあります。

格安SIMの中には通信大手の会社よりも高いデータ量設定と同程度の回線速度の確保をしているケースが多く、値段の上でも安いことがほとんどです。

大手が出来ないようなさらに上の制限容量のプランを作っている会社も存在し、それでもかなりのコスト削減に結びつくこともあります。

どうしても容量が足りない、もう少し通信量を確保したいと思ったときに使える方法が格安スマホの2台もちです。単純に同じプランを2回線分用意すれば倍の通信量を使うことができます。

また、スマホ同士で共有のアカウントを作ってそれぞれ同じゲームを遊ぶことや、普段は家族に渡して必要な時に持ちかえるなど様々な使い道が広がります。

基本使用料が安いからこそ、2台程度持っても乗り換えてお釣りが返ってくることも多く、例え違約金を支払って大手から乗り換えても数カ月で元をとれる場合もあるのです。

データ通信を大量に使いたいヘビーユーザーは2台もちや使い方の工夫をすることで大きな節約効果を見込めるのです。

もちろん、メール程度にしかインターネットを使わない場合は最小限のプランを選べばよく、それだけでも活用方法が広がるのです。

最近登録された新着の格安SIMコラム

すべてのコラムを見る